体験者の声

体験者の声
西上珠梨さん (高校卒業留学・早稲田大学進学)
・留学することを決めたきっかけを教えて下さい:元々英語と日本語を両方学べる学校へ通っていたので、英語力を伸ばすには現地へ行って学んだ方が良いと思ったからです。
・カナダのノバスコシア州に決めた理由は何ですか:治安が良いということと経済面でノバスコシア州にしました。
・実際にノバスコシアに留学してからの印象はどのような感じでしたか:田舎ですが自然がきれいでとても安全な場所でした。
・留学生活を振り返って、一番印象に残っていることは何ですか:日本の学校とは全く違う教育システムです。
・逆に大変だったことは何ですか:社会や歴史(カナダの)を英語で学ぶのに苦労しました。
学校生活に関して
・楽しい、あるいは役に立ちそうだと感じた教科は何ですか:英語の授業ではDebateやEssayなど大学や就職してから役立つスキルを学べたことです。
・一番苦労した教科は何ですか。どのように克服しましたか:カナダの歴史などについての勉強はとても苦労しました。先生に質問したりパソコンで調べたりして克服しました。
・日本ではなさそうな教科としては、どんなものがありますか:MultiMedia
・日本とカナダで大きく違うと感じたことは何ですか:生活習慣も違いますが、高校の教育システムが日本とは違って、最低限取らなければならない科目はありますが、あとは自分が大学で取りたいコースの教科を中心に自分自身で選択できることです。
・友達はすぐにできましたか。何か心がけていたことはありますか:とにかく積極的に明るく会話すると友達が作りやすいと思います。
ホームステイに関して
・楽しかったこと、印象に残っていることは何ですか:映画やホッケーを一緒に見に行ったりなど いろいろなことを計画してくれてとても楽しかったです。中でも印象的なのは犬ぞりをしたことです。とてもカナダっぽい行事だと思いました。
・日本での生活と特に違うと感じたことは何ですか:食事面では日本と違って主食がパン/パスタなどなので白いご飯が恋しかったです。
カウンセルカナダについて:3年間とても丁寧に対応していただきました。
・これから留学を考えている人へのアドバイスをお願いします:海外へ留学できるチャンスはあまりないと思うので、行ける時に思い切って行った方が良いと思います。日本にいては経験できないことがたくさんあると思います。

本部楓さん
このプログラムに参加して、英語はもちろん、3年 間の留学生活を通して、大変なことを乗り越えたりすることで、前向きになることができました。学校は自由で楽しく、先生もフレンドリーで話しやすいので、 分からないところも気軽に聞くことができ、日常生活で使う英語も学べます。学校以外ではダンスクラスやバスケットボールのクラブに所属したり、週末は映画 やホッケー観戦に行ったりしました。留学前に参加したサマーキャンプはとても楽しく、ラフティングやカヌーなど、カナダならではのアクティビティも体験す ることができ、また参加したいくらいです。

中山拓人くん
中学3年 生頃から英語に興味を持ちはじめ、留学を決めました。カナダは安全だということもあって選んだのですが、高校卒業も日本とカナダの大学のどちらに進学する かというときに、大学でもしっかり勉強したいと思い、ノバスコシアの州都ハリファックスにある大学に進学しました。高校での留学生活を通して、自分から主 体的に動けるようになったので、知らない世界に飛び込んだり、立ち向かうことができるようになるチャンスだと思います。
R.Iさん
世 界中の人達に会うことができ、世界観が広がったので、留学して良かったと思います。プログラムでもいろいろな場所に連れて行ってくれるので、早くノバスコ シアに馴染むことができました。学校の授業は教科書がなく、プリントなどで堅苦しくなく、先生と生徒は友達のような感じです。最初は友達作りが大変でした が、自分から話かけるようにしたお陰で、シャイな性格が直りました。他の日本人の多い地域と比べると、英語が覚えやすいと思います。学校の先生とESLの皆と行ったプリンスエドワード島とケープ・ブレトンに行ったことが一番の思い出です。
N.Hさん
日 本人が少ないということで、ノバスコシアの高校留学プログラムを選びました。自然体験の機会なども多く、人もとても優しいので、とても良かったです。ホス トファミリーとの生活は、合う合わないなどがあっても、仲良くなった方が楽しいので、感謝の気持ちを伝えたり、自分から手伝いをしたりという動くことやコ ミュニケーションが大切だと思いました。
カウンセルカナダの牧さんやネッドさんには、日本の大学進学準備でお世話になりました。いろんな 書類を集めたり、小論文の添削など英語も日本語も可能な大ヘルパーです!牧さんはとても優しくて、フレンドリーなので気軽に何でも相談できます。ネッドさ んは何でも気にかけてくれ、何か問題があれば一緒に考えて、カナディアンジョークで解決してくれます!
加賀みずきさん
(中学時代に不登校になり、ハリファックスにホームステイした後、少しずつ学校に通えるようになり、現在山口県立大学生)
1 人で違う環境の中で生活したことで、ハリファックスに行く前よりも開放的になれた気がします。自立への一歩を踏み出した、というような感じです。いじめら れてとても重たかった心が、少し軽くなったような感じがしました。良かったことはやっぱり、いつもと違うものに触れられたことです。それは物だけではな く、人と人との関わりであったり、視界に入ってくる景色だった り。なかなかできないことを経験できたのが一番良かったことです。逆に大変だったことは、関わるのが外国人なので意思疎通が難しくてなかなかコミュニケー ションが取れなかったことです。英語をもう少し勉強しておけばよかったなと思いました。お二人とも、とても優しくて2週間を精一杯楽しむことができまし た。優しいだけではなく、叱るべき所はきちんと叱ってくれたのでとても感謝しています。