ハリファックス情報

ハリファックス情報

対岸のダートマスから見たハリファックス
カ ウンセル・カナダが拠点とする、州都ハリファックスは人口約35万人の港町で、住みやすい大きさの街です。天然の港としては、オーストラリアのシドニーに 次ぐ世界で2番目の規模を誇り、冬でも凍らない港でもあり、カナダ海軍の本拠地でもあります。カナダの他の都市と比べ、治安も良く、物価も安いです。
バンクーバーやトロントなどの大都市と比べると、日本人やアジア人が比較にならないくらい少ないので、英語の勉強を本格的にしたいという方には適しています。
夏 場は大西洋に面した港町ならではで、毎日のように、遠目からはホテルかマンションかと見紛うような、大型の豪華客船が寄港し、世界中からの観光客 で溢れかえります。ジャズフェスティバルやバスカーズ(大道芸人)フェスティバルなどのイベントもありますし、何気なく公園の木陰でたたずみながら、高く 青い空を眺めたり、ウォーキングトレイルなどを散策したりするのも、言葉では言い表せない感動があります。

ハリファックスダウンタウンの様子
ノ バ・スコシアは歴史的にもカナダの中でも早い18世 紀から入植が進み、「ノバ・スコシア」とはラテン語で「新しいスコットランド」という意味です。沈んだタイタニックを救出したことでも有名な町でもあり、 ハリファックスの海洋博物館には実際のタイタニックから引き上げられたものが展示され、犠牲者が埋葬された墓地などもあります。街は入植時のヨーロッパの 面影を残す建物から現代の高層ビルまで、うまく調和されています。

夏場は街中を観光用の馬車も走っています

ハリファックス湾から続く、ウォーターフロントからダウンタウンにかけてはどこでも歩いて移動できますし、バスも便利です。
ノバスコシア自体、25の大学がある”教育の州”とも表現されますが、ハリファックスは5つの大学がある”学生の街”でもあります。カフェなどではコーヒーを片手にノートパソコンを広げて勉強している学生をよく見かけます。

ブログでもハリファックスの最新情報をお伝えしています。